うどんですか?いいえアンパンマンです

先日、香川県高松市に家族旅行に出かけました。
高松駅でレンタカー(※高松駅レンタカー)を借りてうどん屋巡り、栗林公園、小豆島などに行きました。

香川県といえば、やっぱり国民のほとんどが思っているイメージとして一番大きいのは「うどん県」ですよね。

でも子育て世代のお父さんお母さんや子供たち、そして大人でもファンがいるキャラクターに関するものも有名です。
「それいけ!アンパンマン」なんで香川でアンパンマン?と思う方もいるでしょうがアンパンマンの生みの親であるやなせたかしさんが四国出身だったということで四国にはアンパンマンに関するスポットなどがたくさん。

そして今回巡ったのが香川県のアンパンマンに関するスポット。
まずはJRホテルクレメント高松。こちらにあるのはアンパンマンルームといったお部屋で、ルームキーやアメニティがアンパンマン仕様で、部屋にはホテルマンのコスチュームを着たアンパンマンに子供が飽きないように用意されたアンパンマンのおもちゃや絵本たち。クッションや補助便座もアンパンマンというアンパンマンづくしのお部屋。料金もそこまで高くないので旅行の際の宿泊にオススメです。

そしてアンパンマン列車。こちらは片方の「予讃線8000系アンパンマン列車」のほうに関しては新しくできたばかりなのですが、外装のアンパンマン仕様以外にも中は座席や天井が虹がかかったようなアンパンマンキャラクターに座席のテーブルがメーターなどが描かれていて運転手さん仕様だったり、トイレがかわいいピンクだったり緑だったりと細かいところまでアンパンマン仕様です。

して最後にアンパンマントロッコ。こちらも外装内装ともにアンパンマンですが、ベビーカー置き場と売店があり売店ではアンパンマン弁当とげんき100ばい!あんぱんまん弁当とパンが購入できます。
アンパンマン弁当のほうはアンパンマンの水筒、フォーク、入れ物が不織布のバッグに入っています。お弁当を開けるとアンパンマンの顔が描かれた丸いしょうゆご飯におかずがたくさん。げんき100ばい弁当の方はケースがアンパンマンで中のご飯もアンパンマン。そして箱のデザインは電車の外装と同じ感じでビニールの袋に入っています。
パンは5種類1セットでアンパンマンミュージアムと同じようなかわいいキャラクターのパンですのでぜひ食べてみてください。

香川といえばうどん!ではなくてアンパンマン!が子育て世代とファンの思う「香川」です。

Leave a Reply